【補助金】IT導入補助金の一次公募開始(4/20~6/4)

経済産業省が実施する

「IT導入補助金」の公募が

4月20日より始まりますのでご案内します。

 

有効求人倍率が上がり人手不足感が高まる中、

人材の採用・定着のためにも

働き方改革・生産性向上などの職場改善が

優先課題となっています。

 

ITツール導入による仕組み改善は、

業務効率化の有効な手段です。

 

最近は様々な業種・ニーズに対応した

ITツールが数多く開発されていますので、

補助金等も利用して

積極的に活用されてはいかがでしょうか。

 

「IT導入補助金」では、

50万円を上限として、

ソフトウエア等の利用費・導入費等の

1/2以下の補助が受けられます。

支給要件等の詳細は、以下の資料をご参照下さい。

 

【資料】

・リーフレット

https://www.it-hojo.jp/h29/doc/pdf/h29_ithojo_leaflet.pdf

 

・交付規程

https://www.it-hojo.jp/h29/doc/pdf/h29_application_rules.pdf

 

・IT導入補助金ホームページ

https://www.it-hojo.jp/

 

スポンサーサイト

【助成金】H30年度の雇用労働助成金のご案内

30年度の

「雇用・労働分野の助成金」の

パンフレットが公開されました。

 

雇用・労働環境の改善にあたり

要件に適合するものがございましたら、

計画的にご活用されますようご案内いたします。


申請にあたってのご相談など、

当事務所でも対応しています。

 

【資料】

・全体パンフレット(簡略版)

http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11600000-Shokugyouanteikyoku/0000159988.pdf

 

・全体パンフレット(詳細版)

http://www.mhlw.go.jp/general/seido/josei/kyufukin/koyouantei.html

 

・コースごとの資料・申請書類等

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/index.html

 

 

【障害者雇用】H30年4月から法定雇用率が引上げになります。

平成3041日から、

障害者の法定雇用率が引き上げになります。

また、対象事業主の範囲の拡大、

精神障害者への雇用対象拡大も同時に行われます。

 

【平成3041日以降】

・法定雇用率(民間企業):2.0%→2.2

・対象事業主(従業員数):50人以上→45.5人以上

・対象障害者:身体障害者、知的障害者→身体障害者、知的障害者、精神障害者

 

※精神障害者については、当面、短時間労働者を

通常0.5人のところ1人とカウントする特例措置が設けられます。

詳細は下記リンクのQ&Aなどを参考に、要件をよくご確認下さい。

 

なお、法定雇用率および対象事業主の更なる改定も

予定されていますので、留意が必要です。

再改定は、H334月までに行うこととされています。

(具体的な時期は、今後、労働政策審議会で検討。)

 

H334月までの改定後】

・法定雇用率(民間企業):2.2%→2.3

・対象事業主(従業員数):45.5人以上→43.5人以上

 

障害者雇用については、

助成金や支援機関など、各種支援制度も用意されています。

 

【参考資料】

・法定雇用率の引き上げ(リーフレット)

http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11600000-Shokugyouanteikyoku/20170630press1_1.pdf

 

・精神障害者の追加(リーフレット)

http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11600000-Shokugyouanteikyoku/0000192637.pdf

 

・精神障害者の雇用推進(厚生労働省HP) ※特例措置のQ&A、各種参考資料

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000192051.html

 

【協会健保】H30年度の協会けんぽの健康保険料率が決定しました

平成30年度の協会けんぽの保険料率が発表されました。

 

都道府県ごとに引き上げ・据え置き・引き下げと

保険料率の改定状況は異なりますが、

愛知県の健康保険料率については若干の引き下げとなりました。

介護保険料率も、前年より引き下げとなっています。

 

<H30年度の協会けんぽ保険料率>

健康保険料率・・・愛知県は9.90(前年▲0.02%)

介護保険料率・・・全国一律1.57(前年▲0.08%)

 

改定後の保険料率は3月分(4月納付分)より適用となります。

 

また、社会保険料と併せて徴収されている

「子ども・子育て拠出金」につきまして、

30年度は現行の0.23%から0.29%への引上げが予定されています。

料率は小さいですが、来年度の予算組みなどの際には注意が必要です

 

H30年度保険料率

http://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat330/sb3130/h30/300209

 

【労災保険】H30年度から労災保険料率が改定されます

30年度から労災保険料率が改定されます。

(業種ごとの改定率は下記リンクからご確認下さい。)

 

労災保険料率は原則3年ごとに、

それぞれの業種の過去3年間の災害発生状況などを考慮して

改定されています。

 

H30年度改定では、労災保険料率が

54業種中、3業種で引上げ20業種で引下げとなり

全体としては保険料率が下がる傾向となっています。

 

料率が変更される業種の事業所は、

H30年度の労働保険の年度更新の際に

確定と概算で労災保険料率が変わりますのでご注意下さい。

 

厚生労働省】

労災保険料算出に用いる労災保険率の改定等を行います

~改正省令を平成30年4月1日に施行予定~

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000188909.html

 

平成30年度からの労災保険料率

http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-11401000-Roudoukijunkyokuroudouhoshoubu-Rousaikanrika/0000188912.pdf

 

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR